088-679-9919

ブログ

2017/05/24(水)

徳島腰痛【誤診】あなたの腰痛がいつまでも治らない理由

カテゴリー:未分類

 
ーーーーーーーーーーーーーー
【5月26日までの限定販売】
ーーーーーーーーーーーーーー
自宅で、坐骨神経痛を改善させる、腰痛専門家が作り上げた
辻式腰痛ヨガメソッドDVDとは!?
↓   ↓
詳しくはこちらをクリック
FROM 辻 雄介
整体院デスクより
本日も腰痛で悩むあなたへ腰痛改善の為の知識やヒント、セルフエクササイズをお伝えしたいと思います。
あなたは腰痛で動けなくなった時、いつまでも治らず仕事に支障が出てしまった時、
腰骨に何か異常があるんじゃないのか、、、
もしかしてこの痛みがヘルニアなんじゃないか、、、
などと不安になりレントゲンを撮りに行かれたと思います。
あなたはレントゲンに異常がある、ない、どちらにしても
手術を選択しなかったのであれば
患部に電気当て患部のマッサージをしてもらい湿布を勧められ
結果、その場だけでいつまでも治らず慢性的な腰痛に
なってしまったのではないでしょうか??
ここであなたに考えて欲しいことがあります。
レントゲンを撮って骨に異常があるかないか確認したあなた。
結果がどちらにせよ結局、電気やマッサージ、湿布は
骨ではなく筋肉にアプローチしている事にお気づきでしょうか??
そうなんです。検査は骨を診るけどもその後やっていることは
手術以外、筋肉にアプローチしています。
ここに矛盾があります。なぜ、骨の検査はするのに筋肉の検査はしないのでしょうか??
実は痛みの原因のほとんどが腰椎にはなく筋・筋膜性の腰痛がほとんどです。
もし腰骨が原因で痛みが起こるなら腰が曲がりまくっているお年寄りは全員が腰が痛いということになります。
しかし、腰が曲がっていても腰痛知らずの方はいくらでもいらっしゃいます。
厚生労働省の発表では腰痛のない健康な人を対象とした研究の結果、85%の人に椎間板の変性があり、
さらに76%に椎間板ヘルニアが発見されたというデータがあります。ヘルニアがある人の約80%は痛みを感じておらず、実際にヘルニアが腰痛の原因になる例は、腰痛全体のわずか2~3% 。つまり椎間板の変形やヘルニアがあるからといって必ず痛みが生じる訳ではないということです。
ではあなたの腰痛はどうすれば治るのでしょうか??
続きはこちらから
↓     ↓

ーーーーーーーーーーーーーー
【5月26日までの限定販売】
ーーーーーーーーーーーーーー
自宅で、坐骨神経痛を改善させる、腰痛専門家が作り上げた
辻式腰痛ヨガメソッドDVDとは!?
↓   ↓
 

 

 

1日1名限定割引

診察予約は今すぐお電話で

088-679-9919

【受付時間】9時30分〜19時(日・祝)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時30分〜19時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。